BLOG

最新の盗聴・盗撮事情

 盗撮、盗聴といったストーキング行為などで使われる技術も、日々進化しています。今回は、そんな盗撮、盗聴を行う最新の技術についてご紹介します。 

 1.盗撮、盗聴の最新機器
盗撮を行うためにはカメラを設置する必要があります。盗撮を成功させるには、カメラが発見されないこと、カメラに必要な電力を確保すること、カメラに保存したデータを回収できること、といった条件をクリアする必要があります。
一昔前では、カメラそのものが大きく、うまく隠さなければ発見される可能性が高いというリスクがありました。また、バッテリーもそれほど長時間持たせることができないため、直接、コンセントから電源を確保するか、頻繁に充電する必要がありました。さらに、本体を回収するか、本体からメモリーカードを回収するといったように、データの回収にも気を使わなければなりませんでした。
 次に盗聴ですが、盗聴を成功させるには、マイクが発見されないことが重要でした。盗撮用のカメラと違い、マイクであれば、少ない電力で動作させることができ、音声データも無線で飛ばすことができますので盗撮よりは難易度が低い、という状況でした。
 
しかし、現在では、カメラは非常に小型化され、サイコロ程度の大きさのカメラを数千円で購入することができます。これを使用することで、カメラが発見されるリスクは大きく低下します。また、バッテリーについても、長時間稼働可能なバッテリーや、動体検知により必要なときにしか通電しないような設定で、長時間稼働させることが可能担っている他、データをWi-Fiで転送させる機能をもったカメラもありますので、カメラそのものを回収するリスクが大きく低下しています。さらに、カメラの画質も向上している他、スマホでカメラの操作ができるといった機種もあります。

 一方、盗撮用のマイクですが、こちらも小型化され、発見されにくくなっています。また、集音機能が非常に高度化され、壁越しであっても、壁の厚さによっては盗聴できるような機器も存在します。こちらもデータをWi-Fiで転送する機能をもったものもあり、カメラ同様に発見されるリスクが大きく低下しています。


2.スマホを使った盗撮・盗聴
 最近では、スマホを使った盗撮・盗聴も流行しています。ターゲットのスマホに特定のアプリを仕込むというハードルはありますが、成功すると、そのスマホに備わっているカメラやマイクを使用することで、容易に盗撮・盗聴が可能になり、アプリを削除されるまで充電もターゲットが実施してくるというメリットもあります。 



盗聴、盗撮の手法、機器は年々進化していくものの、
以前もブログに書きましたが、「盗聴」「盗撮」自体を取り締まる具体的な法律はありませんので、
個々で防ぐ、気を付けるしかありません。

「盗聴」「盗撮」に関して心配事がありましたら、お気軽にご相談ください。


総合探偵社KAY

category:

サポート詐欺に注意!!

  昨今、コロナ禍やロシアとウクライナの情勢悪化により、サイバー攻撃の件数が大きく増加しています。
サイバー攻撃は、大きく分けて、相手のコンピュータを使用不能にすることを目的とした攻撃と金銭目的の攻撃とに分類することができます。
 今回は、金銭目的のサイバー攻撃の1つである「サポート詐欺」について説明します。 

1.サポート詐欺とは 
サポート詐欺とは、Webサイトを閲覧しているときなどに、偽の警告画面を表示し、そのサポートと称して金銭を騙し取る詐欺です。
みなさんの中にも、インターネットでWebサイトを閲覧中に「あなたのコンピュータはウィルス感染しています」「あなたのコンピュータに致命的なエラーを発見しました」といったような警告画面が、突然飛び出したという経験をお持ちの方も多いかと思います。この警告を信じ、その警告画面にあるリンクをクリックしたり、連絡先にメールしたりすることで、サポート詐欺が開始されます。
 サポート詐欺の多くは攻撃者の手を介さないように設計されてあり、「コンピュータを修復する場合には、○○円のこのソフトを購入し、実行してください」等の記載があります。それを信じで購入し実行した場合、あたかも修復されているような画面が表示されますが、内部では何も行っていないというソフトは運がいい方で、最悪の場合、別のマルウェアをインストールされているというケースもあります。


2.サポート詐欺の対処方法
 Webサイトを閲覧中にエラーメッセージが表示されたとしても、無視して閉じてしまって問題ありません。不安があるようであれば、自分のコンピュータにインストール済みのウィルス対策ソフトでウィルススキャンを実施するなど、別の信頼できるソフトウェアを使用して検査するようにしてください。
 サポート詐欺の画面は、年々巧妙になっています。今では、マイクロソフトがエラーをだしているように見せかけるサポート詐欺も出てきていますが、マイクロソフトがエラー画面に電話番号を表示したり、Webマネーなどの電子ギフトカード、ビットコインなどの仮想通貨を要求することはありません。これらが記載されたエラー画面は、全てサポート詐欺と考えて問題ありません。
 また、サポート詐欺の画面を閉じたくても閉じることができないように設計されている場合があります。その場合、タスクマネージャを開き、ブラウザのタスクを終了させる等の手段で、画面を閉じるようにしてください。
 
くれぐれも、不用意に連絡をとる、金銭を支払うといったことが無いよう、注意してください。 





総合探偵社KAY
category:

世界の不倫③

 前回「世界の不倫②」に引き続き、世界の不倫の文化を確認していきましょう。 

1.フィリピンの不倫の文化
日本から近く、日本にも多くの人が来日しているフィリピンではどうでしょうか。日本にもフィリピンクラブなどが多数あり、性に対して日本とかわらなさそうというイメージがありますが、フィリポインデでは、今でも姦通罪が刑法で定められています。
 フィリピンの刑法では、男性の姦通罪は最高で4年の禁固刑、女性の姦通罪は最高で6年の禁固刑となっています。これから見ても分かる通り、フィリピンでは女性の浮気は厳しく咎められる一方で、男性の浮気は容認されることが多いようです。
 また、フィリピンでは、不倫現場に遭遇した際は、その場で暴力をはたらいたとしても罪には問われないという法律もあります。日本における正当防衛のような感覚なのかもしれませんね。


2.台湾の不倫の文化
 日本の近くにある台湾は、中国と近い文化であるため、不倫に対する考え方も中国と似ているのかと思いますが、実はそうではありません。
中国は、日本と同様に法律上、不倫は有罪ではありません。しかし、台湾では不倫が行われた場合は、双方に対して1年以下の懲役となる立派な犯罪となります。
犯罪として訴えるためには、性行為に及んだことがはっきりわかる証拠が必要となりますが、犯罪行為となるため、ホテルに警察同行で踏み込むことも可能となります。 


3.イスラム圏内の不倫の文化 
イスラム圏内の不倫は、石打ちの刑や鞭打ちの系など、非常に厳しい刑罰が課せられます。たとえば、ブルネイでは、不倫による性行為の他、婚外の性行為、同性愛者による性行為が行われた場合、最高刑で死刑となります。この死刑の執行においては、イスラム教関係者立ち会いのもとで、体を拘束された受刑者に対し、石を投げて死に至らしめるという、石打の刑となります。さらに、不倫による姦通罪だけではなく、浮気による罰金刑や禁固刑も存在します。
これはイスラム教徒やブルネイ国民だけではなく、滞在している外国人にも適用されますので、旅行に行ったとしても、羽目を外すと死刑になり得るため注意しなければなりません。
 
今回はブルネイを一例にあげましたが、イランやパキスタン等、イスラム圏内の国は厳しくなる傾向があるようです。
 
しかし、このような厳しい法律は、人権団体や性的少数派保護の団体(LGBT保護の団体)等により、国際的には反対論が高まっていますので、今後はもう少し緩和されることがあるかもしれません。 



総合探偵社KAY
category:

不倫の関係はどのぐらい続くもの?不倫の寿命とは

家庭を持ちながら、他の人と恋愛関係・肉体関係を持つ不倫ですが、その関係はどの程度続くものなのでしょうか。
今回は、不倫関係の寿命について見ていきたいと思います。

 1.男性の不倫
既婚男性が不倫をする多くの理由が、性欲を満たすため、家庭からの現実逃避といった様に、好きな人ができたから不倫するというわけではなく、今の環境を変えるために不倫するというケースが多いようです。
 
そのため、不倫相手とどの程度続くかは、自身の環境に対する気持ちがどうなったかによって変化していくことが多々あります。
性欲が十分に満たされた場合、もしくは関係が長続きしたことによって性欲が満たされなくなった場合や、家庭への不満が解消された場合などに不倫関係が終了してしまうことが多くあるようです。
そのため、不倫関係の寿命としては1~2年程度と考えられるのかもしれません。 

 2.女性の不倫 
既婚女性が不倫をする理由は、魅力のある男性が現れた場合や、旦那へ不満がある場合というケースが多いようです。
男性よりも、女性の方が不倫相手と「恋愛」をするケースが多いようですね。
 
アメリカの人類学者であるヘレン・E・フィッシャーによると、愛は4年で終わるのが自然であり、不倫も離婚・再婚を繰り返すことも生物学的に見ると自然であると説いています。このことから、恋愛で始まった不倫は4年が寿命であると考えることができるのかもしれません。
  しかし、旦那への不満がある場合などは、それが解消された場合には、4年より早く不倫関係が終息することもあるでしょう。 

 3.不倫の寿命とは
このことから、不倫の寿命というのはケースのよって様々であり一概に言うことはできませんが、不倫を始めたきっかけは既婚男性・既婚女性ともに様々であっても、不倫関係にある相手方にとってはそこに恋愛感情があることがほとんどです。
そのため、既婚男性・既婚女性が家庭環境が改善しないまま、それ以上の不倫関係を望んだとしても、相手に恋愛感情がなくなってしまった場合は、そこで不倫関係が終了してしまいます。 
そういう意味では、ヘレン・E・フィッシャーの説にある「4年」というのが有力な候補になるのかもしれません。
もちろん、4年以上長続きする不倫関係もあるのでしょうが、パートナーにバレてしまう等によって4年に満たない不倫関係のほうが多くあるため、状況次第ではありますが。 



総合探偵社KAY
category:

世界の不倫②

 1.イタリアの不倫の文化
情熱の国とも言われるイタリアでの「不倫」の文化はどうでしょうか。
イメージでは、一人のパートナーを情熱的に愛す方が多いイメージでしょうか。

 イタリアでは「好きになってしまったら仕方がない」という考え方で、比較的「不倫」は許容されている国です。当然のことながら、自身のパートナーに対し、堂々と「不倫」していることを教えるようなことは行わず、パートナーに対してはしっかりと秘密にします。
しかし、友人には「不倫」していることを自慢したり、自慢はしなくても顔や態度で周りが察するといったように、周りの人は「不倫」の事実を知っていることが多いようです。友人もそれを聞いて羨むことがあっても、それをパートナーに密告するといったことは行いません。
ただし、家庭が崩壊するようなケースの場合はしっかりと窘めるといったように、家庭が第一であることは前提としてあるようです。

 イタリアでは、離婚を行うためには、ほとんどのケースで弁護士を雇う必要があります。日本では夫婦間の合意で離婚を行うことができますが、イタリアでは子供が居たり共有財産があると、夫婦間で合意していても弁護士を立てなければなりません。また、まず別居申請を行い、その上で最短6ヶ月経過しなければ離婚が認められないというように、イタリアにおいて離婚はかなりハードルが高くなっています。そのため、不倫はしても、離婚はしない、というのがイタリアの不倫の文化となっているようです。
 
2.韓国の不倫の文化
日本と距離の近い韓国での「不倫」はどうでしょうか。
韓国では「不倫」した際に姦通罪が適用され処罰されるという認識の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、韓国における姦通罪は、2015年に憲法裁判所が違憲であるとの判断を下したため、現在では姦通罪の適用はありません。
しかし、不倫のイメージというのは姦通罪がなくなった今でも決していいものではありません。
実刑としての姦通罪はなくなったものの、不倫が犯罪であったという考え方はしっかりと根付いています。そのため、仮に芸能人で「不倫」を行ったことが発覚した場合、その芸能人が芸能界に復帰できる見込みは全くないそうです。
また韓国では儒教の文化が根付いていますが、儒教では「不倫」はしたほうされたほう、双方に問題があるという考え方となっており、「不倫」に対する世間の目は、非常に厳しいものになっているようです。

総合探偵社KAY 
category: