BLOG

企業調査/産業スパイについて

   スパイという名前を聞くと、映画「ミッションインポッシブル」のような、政府や国家を相手にしたスケールの大きいスパイを想像する方が多いのではないでしょうか。しかし、最近では、そういったスパイよりも産業スパイと呼ばれるスパイが非常に多く暗躍しています。
 
産業スパイとは、いったいどんなスパイなのでしょうか。ここでは、産業スパイについてご紹介します。

1.産業スパイが狙う相手とは
 スパイは、政府や国家の機密情報を盗み取るというイメージがあるかと思います。産業スパイも同じように機密情報を盗み取るのですが、相手は国家ではありません。産業スパイという名前から分かる通り、情報を盗み取る相手は「企業」なのです。
 
企業と機密情報というキーワードだけをみると、大企業の情報だけが狙われているように思われがちですが、産業スパイが狙う情報は大企業だけとは限りません。その情報が貴重であれば、中小企業や零細企業、個人商店であっても産業スパイの攻撃対象となり得ます。


2.産業スパイが狙う情報

 産業スパイは、企業の機密情報を盗むのですが、どういった情報をターゲットにするかというと、「価値のある情報」となります。
例えば、とある企業が他の企業に先駆けて開発した新商品の情報や、極秘に実験して判明した新事実などの情報は、競合会社にとっては喉から手が出るほど欲しい情報となりますので、産業スパイのターゲットとなりやすい情報になります。
 
 他にも、従業員や取引先といった個人情報、顧客情報も持つ人によっては価値の出る情報となりますので、産業スパイのターゲットとなりやすい情報になります。


3.産業スパイの手口

 産業スパイは、自分自身が企業に入り込み情報を入手するのが一番王道の手口ですが、それでは一社に対して活動する期間がどうしても長くなってしまいます。昨今の情報化社会においては、パソコンやサーバに保管されています。
そのため、内部に入り込む手間より、パソコンやサーバのアクセス権を持つ企業内部の人間を取り込んで、その社員から情報を買い取ったり、サイバー攻撃(コンピュータウィルスや不正アクセスなど)を行って、機密情報を手に入れようとしています。
 
実は、このサイバー攻撃は、有名な企業に侵入することができた場合、その情報を売買する場所や、サイバー攻撃のためのツールを売買できるなど、裏のビジネスとして確立されているのです。


※企業のスパイへの対抗手段
このような産業スパイに対抗するためには、自社の貴重な情報を守るためにも、サイバーセキュリティなどしっかりとした対策を講じることが重要となります。また、自社で働く社員を雇用時にきちんと見極めることも大事ですが、日々の教育はもちろんのこと、時期ごとに(例えば、昇進時など)その社員の動向を再度見直すことも重要となってきております。


日本では、情報を守ることに対する認識がまだまだ甘い傾向があり、機密情報を抜き取られて初めてことの重要さに気づく、自社が多大な損害を被って初めて気づくことが多いのが現状です。

産業スパイの手口は日々進化し、我々探偵が講じる対策とイタチごっこの様相を呈しておりますが、こちらも負けずに日々精進しておりますので、社内において気になることがございましたら気兼ねなくご相談ください。


総合探偵社 KAY

category:

スパイと探偵

スパイvs探偵と聞くと、映画のようなイメージがありますが、実際のスパイと探偵はどうなのでしょうか。
スパイと探偵は同じようなものとイメージされている方が、意外と多いかと思います。どちらも、いろいろな調査や聞き込みを行って人の秘密を探るという意味では似ているのかもしれませんが、実際には全く異なる職業です。

今回は、スパイや工作員と探偵についてご紹介します。

1.仕事の違い
「探偵」は、クライアントの依頼によって、対象の身辺や人間関係を調査します。
「スパイ・工作員」は、クライアントの依頼によって、対象の持っている情報を調査します。

一見同じように見えますが、探偵の場合、調査する対象は人や動物であるのに対し、スパイの場合は、大半が「情報」となっており、対象物が全く異なるのです。
 
 特に、昨今、暗躍している「産業スパイ」は、顧客情報や新商品の情報など、企業にとって生命線ともいえる重要な情報を狙って、自身が社員になりすます、社員や役員を買収するといった手段で企業に潜入し、企業秘密を盗み出す諜報活動を主な仕事としています。
 一方、探偵の仕事はクライアントから依頼された対象人物の調査を行いクライアントの悩みを解決することが主な仕事となります。つまり、産業スパイを見つけ出すことが探偵の仕事であるともいえるのです。ここに、「スパイvs探偵」の関係性が成り立つのです。

2.産業スパイに備えるには
 詳しく書くと長くなりますので、簡単にいうと「産業スパイ」は、自身が直接企業内に入り込んでくるよりは、企業内に従事する隙の多い社員を買収したり、恫喝することによって情報を搾取する手口が非常に多く、自分自身はあまり表に出ないように活動します。また、たとえ表に出て活動することがあっても、自身がスパイだとわからないように、うまく身を隠しながら活動します。そのため、気付いた時には、すでに重要な情報がほとんど持っていかれたあとだったというケースもあり得ます。
 探偵が一定期間内部に潜入し人物の特定を行うケースもありますが、すでにクライアント側でスパイ疑惑の対象者の目星が付いており、決定的な判断基準となる証拠が欲しいといったケースもございます。日々スパイのスキルが高くなっていく分、我々探偵側もそれを見抜くスキルの向上が必要となってきております。

 我々探偵はスパイに対する様々な知識や、調査のプロフェッショナルです。産業スパイそのものや、産業スパイが雇ったと思われる内部犯による情報漏洩をしっかり調査し、被害を最小限に抑えることが必要となってきますのでで、少しでも不審な動きに気付いた時、違和感を感じた時、人を調査するプロである「探偵」にご連絡下さい。

総合探偵社KAY


category:

探偵社広告「結果が出なければ0円」「完全成功報酬型」の真実

探偵社の「 所在調査・行方調査」(人探し)の広告で、

「結果が出なければ0円」「完全成功報酬型」と謳った広告をよく目にすると思います。

「所在調査・行方調査」(人探し)における「結果」とは、

もちろん!!!
探したい対象者を見つけること。


 「所在調査・行方調査」(人探し)における「完全成功」とは、

もちろん!!!
探したい対象者をみつけること。

当たり前ですね。



どれだけ人を雇って、どれだけ調査を実施しようとも、結果がでなければ(対象者を見つけることができなければ)0円!?完全成功報酬型!?


本当に困っていて人を探したい相談者からすれば、夢のような文句です。


そんな上手い話はございません!!


※実際は、10日調査をすれば10日分の調査費用を請求されます。対象者が見つかれば、調査費用・諸経費とは別に成功報酬を払わなければなりませんし、見つからなければ、成功報酬だけは掛からないという内容です。

では、
「結果が出なければ0円」「完全成功報酬型」は一体どこにいったのかと思う方が大半と思いますが、当たり前のように「調査を行った分だけ調査費用は掛かりますよ?しかし、見つからなければ成功報酬分はいらない。」と言われるそうです。


当たり前といえば当たり前ですが、あの広告文句の意味は?


わかりやすく補足すれば、
・結果が出なければ(成功報酬は)0円

(調査費用とは別に)完全成功報酬(いただく)

ということです。


この業界に長く関わっている方なら皆さんわかっているよくある広告文句ですが、
人生で一度あるかないかの探偵依頼を考える相談者からすれば勘違いしてしまって当然です。


調査費用0円なんてどこにも書いていない、勘違いする方が悪い、 人を動かすのに費用が掛からないはずがないでしょ?

それはそうなのでしょうけど、

困っていて、藁にもすがる想いで探偵社をさがしている人をさらに困惑させるようなやり方はそろそろやめませんかと。


総合探偵社 KAY


category:

探偵に依頼を断られる理由

 
当社では探偵業法の範囲内であればまずお断りすることはありませんが、最近、他社に依頼を断られた という話を良く耳にします。

とりわけ一番多く聞くのが、「所在調査」(人探し)です。


それでは、なぜ依頼を断られるのでしょうか。

他社が「所在調査・人探し」を断る理由
とは?

1、犯罪の片棒を担ぐ可能性
 
 例えば、ここ数年ストーカー問題が取り沙汰されることが多くなりました。  男性が女性を探したいというだけでストーカーである可能性を  疑われ、明確にそうではないという根拠がない限り、ストーカー犯罪の手助けをしてしまう恐れがあるために、断ることが多くなっているからです。

 しかし、いくら偽りの理由で調査を依頼しようとしても、経験があり探偵としての能力がきちんと備わっている相談員が対応すればストーカーなのかそうでないかを見抜くこと、犯罪性のあるなしは判断できて当然ですので、経験のない探偵が相談を受けてしまうと念のため断っておこうとなるのかもしれません。


2、探偵社の技術不足

 他の要因としては、単純にその探偵社の技術不足です。見つけることができないから理由をつけて断るケースです。
個人情報保護の意識が急激に高まっている現代において、人の居所は簡単には調べられません。ですので、「所在調査」(人探し)の難易度が格段に上がった為、それに対応できない探偵社が増えていることも要因であります。
 「所在調査」(人探し)は探偵としてのスキルが多く必要な調査項目であり、推理力・調査力・話術・広い知識・想像力・経験などが高いレベルで必要となるため、限られた費用、限られた調査期間の中で遂行できる探偵社が少ないのが実情です。



 探偵社に相談するということは、一生のうち一度あるかないかの事でしょう。
そこまで切羽詰まって悩んでいる相談者を一人でも手助けしたいという想いの下、当社では、日々探偵技術の向上に励んでおります。
他社で結果が出なかった件、依頼を断られた件、諦める前に一度ご相談下さい。必ずや突破口を見出しますので、ご安心してお電話下さい。


総合探偵社 KAY




category:

結婚調査・結婚詐欺

現代には、さまざまな型で男女の出会いがあり、出会い系サイトで出会った男女の結婚も珍しくなくなってきています。
また、婚活パーティ、婚活イベント、街コン、結婚相談所、婚活サイトなどの「婚活ツール」も多く存在しております。


このような状況下、被害金額の大小はあれ「結婚詐欺」に関する相談が以前より増えてきたように感じます。
結婚詐欺師にとって、ターゲットを簡単に見つけることができる世の中になっているのも一因ではないかと思われます。

 人の本能ともいえる恋愛感情を逆手にとって金銭をだまし取る結婚詐欺は、非常に立証しにくい詐欺としても有名で、結婚詐欺に引っかかってしまうと、だまし取られたお金を取り返すのは至難の業です。

様々なケース・やり口はありますが、結婚する意志は最初からなく、結局はあなたの預貯金などの資産をどうにかして手に入れることを考えていますので、もし結婚を約束した相手から借金の申し出があった場合には、疑ったほうが良いかもしれません。

しかし、「結婚詐欺かも?」と思っても、どうやって判断すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

それくらいのこと「付き合いを重ねれば絶対に見破れるはず」と思っている方ほど、完全に相手を信用しきってしまうケースが多いです。プロの詐欺師にとっては、ガードが高い方が相手なら、そこを乗り越えさえすれば、後は簡単な作業になるのです。自分の人を見る目に絶対の自信をもっている方ほど簡単に罠に陥りやすいように思われます。

1.昨今の結婚詐欺
 
結婚詐欺は、結婚をだしに、保険金や預金を狙う詐欺のことで、結婚前に預金をだまし取って姿をくらますケースや、入籍して保険金をだまし取るケースなど、多岐に渡ります。
最近多くみられるのが、複数のターゲットから少額ずつ搾取していくやり方です。

例えば、一人のターゲットから100万円搾取ではなく、10人から10万円づつ。万が一、一人に怪しまれたとして、どうしようもなくなった場合に、他の誰かから返金用に10万を融通すれば良いのです。そして、また新たなターゲットを補充していきます。

結婚詐欺の多くは、実際に被害にあってからずいぶん経ったあとに詐欺だということに気づき、その時には相手がすでに行方をくらませた後であったり、相手の身元がわからないということにより、被害にあった損害を取り戻すことができません。
仮に見つかったとしても、「当時は結婚する気があった」と言われてしまうと、詐欺であることを立証するなど、損害を取り戻せたとしても、非常に時間と労力がかかってしまいます。 また、詐欺にあったのかと半信半疑のまま、金銭のやりとりに関しては泣き寝入りするケースも見られます。


1.探偵社が行う結婚詐欺師の調査
 
探偵社に依頼することで、結婚詐欺にあう前に、相手が結婚詐欺であると見破るための調査を行うことができます。
探偵社では、結婚詐欺師の手法に基づいて調査を行うことで、結婚を約束した相手が結婚詐欺師の可能性がないかしっかりと調査することができます。相手によりますが、例えば、勤務先の在籍や、住居の調査、普段の行動を調査する素行調査などを行うことで、結婚を約束した相手のを調査します。
一つの事柄で結婚詐欺と認定するのは中々難しく、また、依頼人も目を覚ますことはありません。(完全に信用しきった相手であり、好意を寄せてる相手、まだ結婚詐欺ではないはずと願っている方がほとんどです)これらの調査で嘘が判明していくにつれ、結婚詐欺の可能性が高まり、客観的かつ総合的に判断していくことになります。

 

探偵社の調査結果で、今まで信じていた人が嘘で塗り固められていたことが分かった場合、ショックでしょうが早めに別れたほうが、後々良かったという報告も寄せられています。 結婚を意識しているパートナーに違和感を感じましたら、いつでもご連絡下さい。
調査を行うまでもなく判断し無料でアドバイスできることもございます。




総合探偵社KAY



category: